上品な風味を醸し出す備中白小豆

sozai-003

白あんの原材料には「手亡」と呼ばれる白いんげんを使うのが一般的ですが、柿羊羹 祇園坊の白あんには備中白小豆を使用しています。

備中白小豆は備中(岡山)を中心に、限られた地方で栽培される最高級品です。赤い色素こそありませんが、小豆独特の風味と、口当たりのよさを持っています。
生産量が少なく、また栽培も難しいため、希少な品種であり、大変高価です。

 

関連記事