備中白小豆

半透明な羊羹に薄く干柿が散りばめられて浮いている景色。
この景色は和菓子の白あんの最高級の素材、備中白小豆に由来します。

上品な風味を醸し出す備中白小豆

白あんの原材料には「手亡」と呼ばれる白いんげんを使うのが一般的ですが、柿羊羹 祇園坊の白あんには備中白小豆を使用しています。 備中白小豆は備中(岡山)を中心に、…

詳細

半透明の柿羊羹の景色をつくる

現在日本で柿羊羹をつくっているのは、主に岐阜県大垣市と広島です。 昔は広島にも柿羊羹をつくる菓子屋がたくさんありましたが、今では数軒が残るのみです。 元来、広島…

詳細


関連記事